Django 3.2 LTS 主な変更点まとめ


2021年4月6日、Django 3.2がリリースされました。3系としては初のLTS版です。

祝・Django 3.2リリース!

祝・Django 3.2リリース!

公式サイトでのリリース情報は以下を参照してください。

Django 3.2 release notes | Django documentation | Django

3.2のサポート期限は2024年4月までです。各バージョンのサポート期限についての詳細は以下公式ドキュメント「Supported Versions」を参照してください。

Download Django | Django

それでは、主な変更点について紹介します。

Automatic AppConfig discovery

DjangoではアプリケーションのメタデータをAppConfigに書くことができますが、default_app_configINSTALLED_APPSに指定しなくても自動的にこれを検出できるようになりました。

この変更により、default_app_configは非推奨になりました。

例として、exampleというアプリケーションにAppConfigを書いてみましょう。

1
2
3
4
5
6
7
"""example/app.py"""
from django.apps import AppConfig


class ExampleConfig(AppConfig):
    name = "example"
    verbose_name = "サンプル"

Django 3.1以下では、上記コードを認識させるにはexample/__init__.pydefault_app_config = "example.apps.ExampleConfig"と書くか、INSTALLED_APPS"example.apps.ExampleConfig"を書く必要がありました。3.2からは上記コードのみで十分です。

runserverでサーバーを立ち上げてhttp://127.0.0.1:8000/admin/を開くと、以下のようにExampleConfig.verbose_nameの値が表示されているはずです。

http://127.0.0.1:8000/admin/ の内容

http://127.0.0.1:8000/admin/ の内容

Customizing type of auto-created primary keys

Djangoのモデルではprimary_key=Trueが指定されたフィールドがない場合に暗黙の主キーidが追加されますが、この主キーのフィールドの種類をカスタマイズできるようになりました。

DEFAULT_AUTO_FIELDでプロジェクト全体の主キーフィールドを指定できます。デフォルトはdjango.db.models.AutoFieldです。(3.1以下と同じ挙動)

また、特定のアプリケーションだけカスタマイズしたい場合はAppConfig.default_auto_fieldを指定してください。

例として、exampleアプリケーションに以下のモデルを定義してみましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
from django.db import models


class Example(models.Model):
    title = models.CharField(verbose_name="タイトル", max_length=100)

    class Meta:
        verbose_name = "サンプルモデル"
        verbose_name_plural = "サンプルモデル"

settings.pyDEFAULT_AUTO_FIELD = "django.db.models.BigAutoField"を書いてからmakemigrationsコマンドを実行してみましょう。

example/migrations/0001_initial.pyの内容を読むと、idmodels.BigAutoFieldが指定されています。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
# Generated by Django 3.2 on 2021-04-06 09:41

from django.db import migrations, models


class Migration(migrations.Migration):

    initial = True

    dependencies = [
    ]

    operations = [
        migrations.CreateModel(
            name='Example',
            fields=[
                ('id', models.BigAutoField(auto_created=True, primary_key=True, serialize=False, verbose_name='ID')),
                ('title', models.CharField(max_length=100, verbose_name='タイトル')),
            ],
            options={
                'verbose_name': 'サンプルモデル',
                'verbose_name_plural': 'サンプルモデル',
            },
        ),
    ]

また、主キーをカスタマイズされると不都合がある場合は、以下の方法でカスタマイズを防ぐこともできます。

【方法1】DEFAULT_AUTO_FIELDに明示的にdjango.db.models.AutoFieldを指定する。(プロジェクト全体でカスタマイズを防ぎます)

1
DEFAULT_AUTO_FIELD = "django.db.models.AutoField"

【方法2】AppConfig.default_auto_fieldに明示的にdjango.db.models.AutoFieldを指定する。(特定のアプリケーションのみカスタマイズを防ぎます)

1
2
3
4
5
6
from django.apps import AppConfig


class ExampleConfig(AppConfig):
    default_auto_field = "django.db.models.AutoField"  # これを追加
    name = "example"

【方法3】モデルにidフィールドを定義して明示的にdjango.db.models.AutoFieldを指定する。(特定のモデルのみカスタマイズを防ぎます)

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
from django.db import models


class Example(models.Model):
    id = models.AutoField(primary_key=True)  # これを追加
    title = models.CharField(verbose_name="タイトル", max_length=100)

    class Meta:
        verbose_name = "サンプルモデル"
        verbose_name_plural = "サンプルモデル"

Functional indexes

モデルに「関数インデックス」(または「式インデックス」)を使えるようになりました。これにより、任意の関数・式の結果をキーにした検索でもインデックスが効くようになります。

例として、以下のモデルを定義してみましょう。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
from django.db import models
from django.db.models import F, Index, Value
from django.db.models.functions import Lower, Upper


class Example(models.Model):
    first_name = models.CharField(max_length=255)
    last_name = models.CharField(max_length=255)
    height = models.IntegerField()
    weight = models.IntegerField()

    class Meta:
        verbose_name = "サンプルモデル"
        verbose_name_plural = "サンプルモデル"
        indexes = [
            Index(
                Lower("first_name"),
                Upper("last_name").desc(),
                name="first_last_name_idx",
            ),
            Index(
                F("height") / (F("weight") + Value(5)),
                name="calc_idx",
            ),
        ]

makemigrationsコマンドを実行すると、以下のマイグレーションファイルが作成されます。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
# Generated by Django 3.2 on 2021-04-06 09:42

from django.db import migrations, models
import django.db.models.expressions
import django.db.models.functions.text


class Migration(migrations.Migration):

    initial = True

    dependencies = [
    ]

    operations = [
        migrations.CreateModel(
            name='Example',
            fields=[
                ('id', models.AutoField(auto_created=True, primary_key=True, serialize=False, verbose_name='ID')),
                ('first_name', models.CharField(max_length=255)),
                ('last_name', models.CharField(max_length=255)),
                ('height', models.IntegerField()),
                ('weight', models.IntegerField()),
            ],
            options={
                'verbose_name': 'サンプルモデル',
                'verbose_name_plural': 'サンプルモデル',
            },
        ),
        migrations.AddIndex(
            model_name='example',
            index=models.Index(django.db.models.functions.text.Lower('first_name'), django.db.models.expressions.OrderBy(django.db.models.functions.text.Upper('last_name'), descending=True), name='first_last_name_idx'),
        ),
        migrations.AddIndex(
            model_name='example',
            index=models.Index(django.db.models.expressions.CombinedExpression(django.db.models.expressions.F('height'), '/', django.db.models.expressions.CombinedExpression(django.db.models.expressions.F('weight'), '+', django.db.models.expressions.Value(5))), name='calc_idx'),
        ),
    ]

sqlmigrateで出力されるSQLは以下のとおりです。(データベースはSQLite 3.35.3を使用)

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
BEGIN;
--
-- Create model Example
--
CREATE TABLE "example_example" ("id" integer NOT NULL PRIMARY KEY AUTOINCREMENT, "first_name" varchar(255) NOT NULL, "last_name" varchar(255) NOT NULL, "height" integer NOT NULL, "weight" integer NOT NULL);
--
-- Create index first_last_name_idx on Lower(F(first_name)), OrderBy(Upper(F(last_name)), descending=True) on model example
--
CREATE INDEX "first_last_name_idx" ON "example_example" ((LOWER("first_name")), (UPPER("last_name")) DESC);
--
-- Create index calc_idx on F(height) / F(weight) + Value(5) on model example
--
CREATE INDEX "calc_idx" ON "example_example" ((("height" / ("weight" + 5))));
COMMIT;

pymemcache support

Memcached用のキャッシュバックエンドdjango.core.cache.backends.memcached.PyMemcacheCacheが追加されました。pymemcache3.4.0以上が必要です。具体的な使用方法は以下公式ドキュメントを参照してください。

Django’s cache framework | Django documentation | Django

3.1以下でもdjango.core.cache.backends.memcached.MemcachedCacheというMemcached用キャッシュバックエンドはあったのですが、依存しているpython-memcachedがメンテナンスされなくなったため、作り直したようです。詳しい経緯については以下のDjango Issue Trackerを参照してください。

#29887 (Add support for pymemcache) – Django

New decorators for the admin site

admin用の新しいデコレータdisplay()action()が追加されました。

display()list_displayreadonly_fieldsaction()actionsと組み合わせて使います。

以下に使用例を載せます。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
from django.contrib import admin

from .models import Example


@admin.action(description="Mark selected stories as published")
def make_published(modeladmin, request, queryset):
    queryset.update(status=Example.Status.PUBLISHED)


class ExampleAdmin(admin.ModelAdmin):
    list_display = ("is_published",)
    readonly_fields = ("full_name",)
    actions = (make_published,)

    @admin.display(
        boolean=True,
        ordering="-publish_date",
        description="Is Published?",
    )
    def is_published(self, obj):
        return obj.publish_date is not None

    @admin.display(
        description="Full Name",
    )
    def full_name(self, obj):
        return obj.first_name + " " + obj.last_name


admin.site.register(Example, ExampleAdmin)

3.1以下での書き方も以下に載せます。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
from django.contrib import admin

from .models import Example


def make_published(modeladmin, request, queryset):
    queryset.update(status=Example.Status.PUBLISHED)


make_published.short_description = "Mark selected stories as published"


class ExampleAdmin(admin.ModelAdmin):
    list_display = ("is_published",)
    readonly_fields = ("full_name",)
    actions = (make_published,)

    def is_published(self, obj):
        return obj.publish_date is not None
    is_published.boolean = True
    is_published.admin_order_field = "-publish_date"
    is_published.short_description = "Is Published?"

    def full_name(self, obj):
        return obj.first_name + " " + obj.last_name
    full_name.short_description = "Full Name"


admin.site.register(Example, ExampleAdmin)

両者のコード量にあまり差はありませんが、3.2はデコレータになったことで補完機能があるエディタ(例: VS Code)で補完できるようになりました。

VS Codeでコード補完を使っている様子

VS Codeでコード補完を使っている様子


comments powered by Disqus