デスマーチで気をつけたい4つのこと


という自分用メモ

前提

そのプロジェクトは既に破綻しています。

あなたの最重要課題は 生き残る ことです。

  1. なるべく怒らないようにしよう

「誰だよこの糞コード書いた奴は!!」

「今ごろ仕様変えんなよ!」

はい、気持ちはよくわかります。私もそう思っています。

でも、一時的に怒りは封印しておきましょう。

大人だから物静かに振る舞いましょうという、道徳的な話をしたいわけではありません。

あなたの怒りは、自分自身も傷つけます。

そして、他人の怒りを呼ぶ結果につながり、さらにあなたを傷つけます。

今は平常時とは違います。非常時用の違う自分を演じましょう。

あなたの最重要課題は 生き残る ことです。

生き残る確率を上げるには、一人でも多くの味方をつくる(または敵を作らない)ことが必要です。

  1. なるべく相手を肯定する発言をしよう

おそらく、あなたのチームの誰もがあなたと似たような心境です。

あなたが今、誰かに「こんな簡単な仕事もできないの?」と言われたらどう感じるでしょうか?

言われた相手に対して、協力的な気持ちになれないのではないでしょうか?

相手を責める発言は、より状況を厳しいものにします。

なるべく相手を肯定する発言をしましょう。

デスマーチを一人の努力で乗り切るのは非常に困難です。

  1. 食事・睡眠は摂れるときに摂ろう

食事・睡眠の2つが不足してくると、人間はあっという間に弱っていきます。

拘束時間が多い状況ではなかなか難しいことではありますが、意識して摂っていきましょう。

逆に言うと、これができない状況はかなり危険な赤信号なので、4の実践を検討しましょう。

  1. それでもどうしようもなくなったら逃げよう

逃げてもいいんです。

あなたがどうしようもないと感じている状況なのだから、それはどうしようもないのです。

ちょっと体調悪くなりましたとか言って帰宅して、そのままフェードアウトしてもいいんです。


comments powered by Disqus